語学留学の真のメリット

thumbnail

「留学して毎日英語に触れていればすぐに喋れるようになるよ。」 「留学なんてただの贅沢。意味ない。」 いろんな意見があるだろう。

留学なんて意味ないという人の意見はよく分かる。 YouTubeで面白い英語の動画を英語/日本語の字幕付きでいくらでも見ることができる。 オンライン英会話を利用することで、家にいながら外国人と英会話をすることも可能だ。 海外に行かなければリアルな英語に触れる機会が無いというのはもはや過去のものだ。

また、大した英語力がなくても慣れてくれば余裕で生活はできる。 日常生活は繰り返しなので、聞き取れなくても動きや表情で何を言ったか推測できる。 例えば、コンビニでお金を支払った後で、小さな数字を訪ねてきたら、「細かいお釣りが出ないように小銭がほしいんだな」とか。 だから、日常生活から学べることには限度がある。

それでも、僕は留学には英語学習に関して確かなメリットがあると思っている。 一言で言うと動機づけがしやすいということだ。 以前、好子と嫌子の話をしたが、自然と好子を強化することができる。

現地の友達や彼女ができたら、もっとわかり合いたくなるだろう。 また、現地のサービスも基本的には英語でしか利用できない。 友達とカラオケに言っても一曲も歌えなかったらつまらない。

そんなシチュエーションは海外で暮らしていれば数え切れないほどある。 日本で生活している限り、意志に頼らずにそういう状況を作るのは難しい。

英語留学でペラペラになる人は語学学校に通って朝から晩まで英語を学ぶからペラペラになっているのだ。 生活していたらいつの間にか身につくというのは幼い子供だけだ。 青年以降の人であれば、結局勉強なしでは話せるようにはならない。 けれど、そうやって朝から晩まで頑張れるのは、そういう環境に身を置いているからだと思う。