僕がApple Watchをやめた理由 Pebbleの方がまし

日本では異常なiPhone人気もあって、Apple Watchが気になっている方も多いのではないだろうか。
今回は僕がApple Watch2を使ってみた感想を書く。

Pebble

僕がスマートウォッチを手にしたのは、一昨年の暮れ頃にPebble Classicを買ったのが初めてだった。
本当はApple Watchが欲しかったのですが、値段が高すぎた。(-_-;)

半年くらい気に入って使っていたが、スリープトラッカー(睡眠計測器)か何かが動かなくなったと勘違い[ref]実際には古いアプリを使い続けていたことが原因でした。[/ref]して、Pebble Classicの次のモデルであるPebble Timeを買った。

Pebbleは半年以上、毎日つけ続けた。
Pebble Timeはデザインも普通の時計っぽいので、恥ずかしさもない。
というか、わずかにスマートウォッチしてる感が出せて、いい感じにドヤれる。
最近、Fitbitに買収されてしまったが、素晴らしいプロダクトだった。

Apple Watch

そして、去年の10月頃に念願のApple Watch 2を手にした。
僕はApple製品のようなユーザーを囲おうとしてくるプロダクトが嫌いだ。
しかし、iPhoneもMacも僕のデジタルライフを大きく変革した。
Macを買っていなかったらプログラマーをやっていなかったかもしれない。
いつの間にかMac、iPad、Apple Watch、iPodというAppleの主力製品のほとんどを持っている。(;´Д`)オソルベシ!

ファースト・インプレッション

さて、そんなApple被害者の僕だが、AppleWatchの第一印象は

  • 高級感ハンパねー!
  • ぬるっと振動する
  • 結構ごつい

というものだった。
Pebbleに比べると振動はぬるっとした感じで、厚みもPebbleよりも厚い。
普通の時計っぽいというのは若干無理がある。

2から搭載されたというGPSだが、対応アプリが少ないため、全く使えなかった。(・∀・)
公式地図アプリでさえ、iPhoneがないと行き先を設定できない。
時計だけで手ぶらで出かけられるような夢をみていたが、甘かった・・・。

時計として使いづらい

ディスプレイの消費電力が高いためか、ほっとくとすぐに画面が黒くなる。
この時点で、もろにスマートウォッチ感が出て嫌だ。
もう一度画面を表示するためには、一度手を下ろして時計を確認する動作をしなければならない。
これが煩わしい!(#`皿´)

寝転んでふと時計を見たときに時間が表示されない。
時計してるのに時間が見れないのが、バカバカしさを感じてしまう。

操作しづらい

一見、タッチパネルを搭載しているのが、Pebbleよりも魅力に見えるでしょう。
実はこれが結構使いづらい。

運動しているときなどに、あの小さい画面を指先でちょこちょこやるのがしんどい。
また、防水ですが、濡れるとタッチパネルはちゃんと動かない。
物理ボタンのほうがマシやん!(._.)

睡眠が測れない

Pebble Timeでは標準アプリとして睡眠のトラッキング機能が付いている。
Apple Watchはこんなゴツいのに、どこにもそんなアプリが見当たらない。

Pebbleで面白いと感じていた一番の機能だったので、かなり残念だ。
目が覚めて、Pebbleを確認すると僕の睡眠時間をちゃんと記録していて、
「おっ!今日も頑張ってるね、Pebble!」
と嬉しい気持ちになったものだ。
昼寝も検出してくれてるから凄い!(゜o゜)

それに対してApple Watchは・・・(-_-)

見た目の自由度が低い

Pebbleの場合、時計盤の選択肢がたくさんあって、自分でプログラムした時計盤を公開することもできる。
しかし、Apple Watchは公式の時計盤しか選択できないし、数が少ない。

時計のバンドも独自仕様なので、Apple Watch用に作られたバンドじゃないと付けれない。
でも、バンドに関してはサードパーティ製のものを含めれば、いろんなバリエーションがある。

アプリは多い

やはりAppleファンの数が多いだけに、Apple Watchは一番人気のスマートウォッチだ。
アプリ開発者もユーザーも他のスマートウォッチに比べてたくさんいる。
結構充実している。

Macのロック解除

ロックが解除された状態でApple Watchを付けていたらMacのロック画面を自動で解除してくれる機能がある。
ぼちぼち便利ではあるが、Apple Watchってゆるく巻いていたり、長袖の上から巻いていると、勝手にロックされてしまう。

  1. Macを開く
  2. 数秒待つ
  3. 「Apple Watchのロックを解除してください」と表示される
  4. Apple Watchのロックを解除する
  5. Macを一度閉じる
  6. Macを再び開く
    6
    これは果たして便利なのかと・・・。
    2の時点で手で入力しても時間的には変わらない。

そして、最新のMacbook Proでは指紋認証が付いているので、Apple Watchのこの機能いらない。
自らコンテンツを相殺しにかかるApple。

僕の場合、2ステップ認証とか設定してたんで、Apple Watchの認証設定するのも一苦労だった。

そして僕が選んだ時計は・・・

今はG-SHOCKの布袋モデルを使っている。
スマートウォッチでもない。
ただの時計だ。
でも、カッコイイ!
布袋ファンではありませんが、柄が気に入った。

もともと腕に何か付けておくのが好きではないので、腕時計に向いていないのかもしれない。
今後、腕時計は出かけるときのアクセサリーとして使う。

Apple Watchはいつの間にかアプリも全然使わなくなった。
「これなら普通の時計の方がましやん!」
と思い、4ヶ月経った頃には外していた。
便利なのってSuicaと運動量計測くらいじゃないだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です