はあちゅう炎上 童貞いじりはテレビでも身の回りでも存在するはず

現在、Twitterタイムラインを賑わせているブロガーのはあちゅう氏。
僕は最近まで名前くらいしか知らなかったが、今回の「童貞いじり問題」で彼女を知ることとなった。
「童貞をいじるのは良くないよね」というのが世論(僕のタイムライン)の流れで、僕も最初はそうだろうと思っていた。
いや、今でもそう思っているけれど、問題の全貌が分かってくる中で別の視点を持った。

炎上の発端となったのが、はあちゅう氏のセクハラ告発だ。
電通の著名クリエイター岸勇希氏が彼女に対してセクハラ、パワハラを行なったとして、名指しで証言した。

今、世界中で話題を読んでいるMeTooという運動がある。
過去にセクハラ被害を受けた人が#metooというハッシュタグをつけてSNSにその内容を告発するというものだ。
はあちゅう氏の告発はこの運動に影響を受けたものだ。
結果的に日本での運動の加熱を促し、彼女の起こした風は大きなものになっただろう。

しかし、問題はここからで、彼女自身Twitterで童貞に対する侮蔑的な発言、いわゆる「童貞いじり」をしていたという指摘がされた。
以下それらの発言を引用する。

等々である。
なんとなくイラっとするのは分かるけど、そんな炎上するほどか?

僕自身、比較的童貞を卒業するのは遅かった方だ。
・・・というか割りと最近。
しかし、友達とそのことについてふざけ合ったりしても不快だと感じたことはない。
むしろ楽しかったくらいだ。

もちろん、それは僕個人の感覚であり、不快にいる人が存在するなら控えるべきだ。
しかしどうだろう、テレビでも身の回りでもこの程度のいじりは頻繁に目にする。
この間も、水曜日のダウンタウンという番組で何の脈絡もなく突然「童貞ですか?」と尋ねるディレクターや、「サーファーの中に童貞いない説」を持ち込んだ芸人も見た。
あの番組スタッフや企画を持ち込んだ芸人は同じように炎上しているのだろうか。

いじるのは悪いのは分かっているけど、つい面白がってしまう人も多いのではないだろうか。
童貞いじりに対する糾弾は、論理的に理解していても感覚がついていっていない頭でっかちな正義だと感じられる。
悪いものは悪いし、声をあげて世の中の雰囲気を変えていかなきゃいけないことには賛同する。
しかし、その正論を集中砲火された彼女はやはり不遇に思える。
同じ罪を犯した仲間は無罪放免で、一人だけ公開処刑にされているようだ。

「The Vapors」というバンドの「Turning Japanese」という古い歌がある。
そこそこ売れたみたいだが、そのミュージックビデオは今見るととても差別的だ。
この曲が今リリースされていたら、売れるどころか大炎上だ。
倫理は時代とともに少しずつ変わっていく。
未来の倫理でもって、寄ってたかって吊るし上げるのは正しさの暴力ではないだろうか。

また、この炎上のタイミングも気になる。
はあちゅう氏がセクハラを告発したので、それに対して「お前が言うな」という形での批判になった。
しかし、これを言い出すと、セクハラを告発した女性に男性が群がって報復しているような構図になってしまわないだろうか。
はあちゅう氏の告発とはあちゅう氏の過去の発言は分けて評価しなければならないはずだ。

このような指摘をすると「アフォ」だと罵られたわけだが、見ず知らずの人間をアフォ呼ばわりする者が「童貞を傷つけるな」と騒いでるのかと思うと滑稽だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です