スマホのバッテリーケースは絶対買わない方がいい理由

最近、以前使っていたiPhoneカバーが壊れてしまったので、新調することにした。

ちなみに、今まで使っていたケース。

よくあるスタンド付きのカバーだが、値段に反してもろかった。
デザインは好みだけどね。

カバーを付けない派の人もいると思うが、僕は付けることを強くオススメする。
昔、カバーを外して速攻でスピーカーを壊してしまったことがある。

ちなみに、僕が物を選ぶ時は機能性重視だ。
厨二的なデザインがあれば惹かれてしまうが、一番はやはり機能だ。

僕が選んだケース

現在、僕はフィリピンにいて通販を使いづらいので、現地のショッピングモール等で物を買うことが多い。
そこで買ったのがこの米国製のバッテリーケースだ。

なんということでしょう、考えつくされたiPhoneの美しいフォルムが、見るも無残なチープな姿に大変身。
手にしたときに感じるズッシリとした重みは匠からのプレゼントです。(ビフォーアフター風)

あの日の一瞬の気の迷いを後悔しない日はない。
バッテリーケースとしては特に不満な点はない。
そもそも、バッテリーケースというものに対して不満が湧いてきたのだ。

デカい!

Appleは高い技術と努力を尽くして、出来るだけ長持ちするバッテリーをこの小さなiPhoneに搭載したのだ。
バッテリーケースというものは、その努力をチープなソリューションで破壊するものだ。
言うなれば、ワイヤレスイヤホンに充電アダプターを垂らしながら音楽を聞いているようなものだ。

当たり前だが、装着すればかなりゴツくなる。
カッコ悪い。。。

重い!

これを装着した状態でiPhoneを振りかざせば、簡単に人を殺せるんじゃないか?
もはや凶器だ。

寝る前にベッドでスマホをイジろうものなら大変だ。
手が滑って顔に落ちてきたら骨折しそうだ。

外出時にポケットに入れれば、ワッサワッサと不快に揺れる。

スピーカーの位置が変わる

少し話がそれるが、日本のカンファレンスに参加すると、そこらじゅうでカシャカシャとカメラのシャッター音がうるさいかもしれない。
盗撮が問題になり、日本製のスマートフォンはシャッター音が消せないように規制がかかったのだ。

しかし、無音カメラはAppStoreで誰でも無料で手に入いれることができる。
この規制は余計な混乱を招いただけで、全く意味がない。
犯罪者は困ることはなく、一般人はシャッター音に悩まされるという最悪の規制だ。

もう一つシャッター音を消す方法として、撮影する際にスピーカーを物理的に塞ぐという方法がある。

シャッター音を消すためだけにアプリを増やすなんて馬鹿げている。
僕はこの方法で消音していた。

しかし、このバッテリーケースを使い始めてからはそれができない。
スピーカーの位置が本体の真横ではなく、本体の前方に変わってしまうからだ。
これでは手のひらでスピーカーを押さえながら操作することが難しい。

だから今はみっともなくカシャカシャと音を立てて写真を撮っている。

イヤホンがささらない

バッテリーケースは下側が特に厚くなっているので、それに伴ってイヤホンジャックも深くなってしまう。
アダプター部分がまっすぐのイヤホンならいいが、L字タイプのイヤホンは差し口に届かない。

バッテリー容量が大きくてもあんまり意味ない

少し考えれば分かることだが、バッテリー容量が大きくなろうが充電時間は同じだ。
そもそも朝100%充電して夜までもたないということがあるだろうか?
もしそうならバッテリーケースは有効かもしれない。
しかし、多くの人はそうではないはずだ。

朝は充電を100%にして家を出て、帰宅したら再び充電するという人が多いだろう。
バッテリーケースを使おうがこのサイクルは変わらない。

充電しなくても2, 3日は使えるかもしれない。
でも、100%になっていないと気持ち悪くて、結局毎日充電してしまう。

毎日充電するのが2, 3日に1回になったからといって誰が嬉しいのだ。
むしろ、充電するのを忘れてしまいそうだ。

モバイルバッテリーを買おう

ここまで読んで、まだバッテリーケースが欲しい人は止めはしない、買うがよい。
そのようなフリーキーな方以外にはモバイルバッテリーをオススメする。

僕は下のankerのモバイルバッテリーを2年使っているが、特に問題なく使えている。
何個も差し口のあるタイプもあるが、普通は一つだけで充分だ。

最後に

とても辛辣なレビューを書いてしまったが、ふとしたときに役立つことがある。
モバイルバッテリーの場合、持ってくるのを忘れるということが起こる。
しかし、バッテリーケースならその心配をしなくていい。
また、家で充電し忘れて、外出先でバッテリーが切れそうなときは持っててよかったと思える。

しかし、ここ数年で最高に後悔したガジェットとなったことは間違いない。
新しく安いケースでも買おうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です