接近目標と回避目標

プログラマーやデザイナーが心理学的なアプローチを持っていれば、ビジネスチームに説得するのに役に立つと思う。
今回は三日坊主にならない目標の立て方を紹介したい。

回避目標

回避目標とは「〜はしない」という目標である。

「間食を食べない」
「タバコをやめる」

などがこれにあたる。
回避目標は守るほどストレスになる。( ´Д`)
好きなことが頭をよぎるたびに、やらないという選択をしなければならないからだ。

そしてこれらの目標は立てても一度の甘えによって、いつの間にかなかったことになってしまう。
ちなみにケーキを食べないと決めると1.5倍食べたくなるそうだ。

接近目標

接近目標とは「〜をする」という目標だ。

「歩いて出社する」
「健康的な食事をする」

というこれにあたる。
接近目標にすると、迷う余地が生まれにくい。
何かをやめたいときは如何に接近目標に変換するのかが重要だ。
「食事を抜く」よりも「健康的な食事をする」という目標の方が守りやすい。
大事なのは積極的に取り組む姿勢にすることだ。

参考

【無料枠】2016年は即断即決即行動!すぐやる人になれる「先延ばしの心理学」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です