MAMPを使わずにMac(Sierra)のローカル環境にWordPressをインストール

MAMPを使えば簡単にローカル環境が構築できるが、できるだけアプリは増やしたくない。
ということで、MAMPを使わずにAMP環境を構築してみた。
Macでのインストールを想定している。

Apacheの設定

SierraではApacheは標準でインストールされている。
PHPを有効化するためには/etc/apache2/httpd.confの中身を書き換える。

- # LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
+ LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
...
- # AllowOverride All
+ AllowOverride All

設定を変更したら再起動。

$ sudo apachectl start

MySQLの設定

インストールして、権限を変更。

$ brew install mysql
$ sudo chown -R _mysql /usr/local/var/mysql
$ sudo chmod -R g+rwx /usr/local/var/mysql

次にMySQLのrootユーザーのパスワードを変更。

$ mysqladmin -u root password ‘任意のパスワード'

ログインしてWordPress用のデータベースを作成。(ここではデータベース名をblogとしている)

$ mysql -u root -p
Enter password: 設定したパスワード
$ mysql > create database blog;

MySQLのソケットの場所を確認しておく。

$ mysql > status
...
UNIX socket: /tmp/mysql.sock

この/tmp/mysql.sockという部分あとで使うので、メモしておく。

ログアウト

$ mysql > exit

これで設定は整ったので、MySQLサーバーを起動。

$ mysql.server start

Macを再起動したりすると、mysqlサーバーも停止する。
WordPressを開く前にこのコマンドを打つようにしよう。
OSXのlaunchdという機能を使えば自動起動できるようだ。
やりたい人はググってね(^o^)

PHPの設定

Sierraでは標準でインストールされている。
設定ファイルをコピーして編集。

$ sudo cp /etc/php.ini.default /etc/php.ini

/etc/php.iniを編集して先程のMySQLのソケットの場所を入れる 。

- mysql.default_socket=
+ mysql.default_socket = /tmp/mysql.sock

phpMyAdminの設置

僕はデータベースの管理をphpMyAdminを使って行いたいので、インストールした。
こちらからダウンロードできる。
解凍すると、phpMyAdminというフォルダができるので、それをWEBサーバーのルートに設置。
特に変更していなければ、/Library/WebServer/Documentsの中だ。

デフォルト設定ファイルをコピーして編集。

$ cd /Library/WebServer/Documents/phpMyAdmin
$ sudo cp config.sample.inc.php config.inc.php

config.inc.phpを下記のように書き換え。

- $ cfg['Servers'][$i]['host'] = ‘localhost’;
+ $ cfg['Servers'][$i]['host'] = ’127.0.0.1′;

WordPressの設置

やっとこれでWordPressをダウンロードできる。

ダウンロードして解凍したらwordpressというフォルダができるので、それをWebサーバーのルートへ移動させる。
特に変更していなければ、/Library/WebServer/Documentsの中だ。

そして、権限を変更しておきます。

$ sudo chown -R _www:_www wordpress

あとはhttp://rikson.net/にアクセスして画面に沿って設定するだけです。

データベース名・ユーザー名・パスワードはMySQLで設定したものだ。
データベースのホスト名は127.0.0.1として、うまくいかない場合はlocalhostにしてみてほしい。

遭遇したエラー

データベース接続確立エラー

ブログにアクセスすると「データベース接続確立エラー」という真っ白のページが表示された。

エラーの内容が表示するためにwp-config.phpを書き換えてみる。

- define('WP_DEBUG', false);
+ define('WP_DEBUG', true);

もう一度アクセスすると以下のように表示された。

ホスト名をlocalhostから127.0.0.1に変更したらうまくいった。

アップデートやプラグインをインストールできない

WordPressをアップデートするときにローカルにインストールしたはずなのに、FTPサーバーの情報を聞かれた。

権限を変更することでイケた。

$ sudo chown -R _www:_www wordpress

この_www:_wwwとは、
httpd.confの中の
USER ◯◯◯
GROUP ◯◯◯
の値。

画像アップロードエラー

Evernoteの下書きからドラッグ&ドロップで画像をアップロードしたらHTTPエラーが発生した。

書き込み権限が原因になることが多いようだが、今回はPHPの設定が原因だった。
Macのローカルには最初からPHPがインストールされているが、デフォルトの設定ファイルではファイルのアップロード容量の制限が厳しすぎるので変更しておこう。
/etc/php.iniの中のupload_max_filesizeという項目を探して、最大容量を256MBに変更。

- upload_max_filesize = 2M
+ upload_max_filesize = 256M 

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です